* HOME    
* シアタークラブ
* メールマガジン
悪魔に❝愛❞を奪われたなんて気障なセリフで別れを告げたよ。
ミュージカル


作・作詞・楽曲プロデュース:森雪之丞
作曲:斉藤和義 さかいゆう 福田裕彦
演出:岸谷五朗

CAST
屋良朝幸 海宝直人 昆夏美 青柳塁斗 岡千絵
/平野綾 吉野圭吾  他

■公式ホームページ 
www.toho.co.jp/stage/

作・作詞・楽曲プロデュースを森雪之丞が担当し、演出を岸谷五朗がつとめる。さらに、テーマ音楽には、森の呼びかけに答え、昨年デビュー25周年を迎えた斉藤和義の参加が決まった。 森雪之丞は、日本のポップス界、アニメ界で2500曲以上の作品を手がけてきた作詞家・詩人。劇団☆新感線『五右衛門ロック』シリーズの作詞、『CHICAGO』『アダムス・ファミリー』『キンキーブーツ』などブロードウェイ・ミュージカルの訳詞なども担当した。2013年には今回と同じシアタークリエにおける屋良朝幸主演『SONG WRITERS』(2015年に再演)で脚本・作詞を担当、この時も演出が岸谷五朗だった。同チームの新作が今回の『ロカビリー☆ジャック』となる。

STORY
ジャック・テイラーはアメリカの片田合のステージで歌う冴えないロカビリーシンガー 彼を慕うトラック運転手のビル・マックローは彼のマネージャーに転身、スターを目指すジャックとともにラスベガスに乗り込む。しかし中々花は開かない。ロカビリーは下火、しかも女癖が悪く、“愛”という慨念を理解できないジャックはその歌に本当の“愛”を込められず、聴衆の心を掴むことができない。ついには小さなクラブのステージも追い出される始末。しかも、ビルはマネージャーの修業をしに、必ずジャックを迎えに来ると約束し単身ニューヨークへ向かった。 ジャックは自分の才作の無さを嘆き、自暴自棄となって一人酔いつぶれ、国道の十字路で死のうとするが…そこに悪魔が現れる。悪魔はジャックにある契約を提案する。それは“愛”を歌えないジャックにシンガーとしての成功を約束する代わりに、彼の中に“愛"が生まれ、それが大きく育った時、命とともにそれをもらう…という契約だった。

日時
2020年  1月11日(土) 12:30開場/13:00開演
  1月12日(日) 12:30開場/13:00開演
会場 福岡市民会館 大ホール ■MAP■/■座席図■
入場料
(税込)
全席指定 
A席 ¥12,500/B席 ¥9,500/C席 ¥7,500
一般発売日 発売中
発売所
博多座オンラインチケット WEB https://hakataza.e-tix.jp/pc/hakataza.html
ピクニックチケットセンター WEB こちらから
チケットぴあ WEB http://t.pia.jp/
  TEL 0570-02-9999 <Pコード496-070
ロ-ソンチケット  WEB http://l-tike.com/
  TEL 0570-084-008 <Lコード81631
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップでの直接購入が便利です!
各店舗に設置されている端末で直接購入ができます。
(振込手数料・システム利用料・配送手数料などがかからず、1枚につき110円の手数料で購入できます)
主催 博多座 /ピクニック
製作 東宝株式会社/株式会社アミューズ
お問合せ
博多座電話予約センター
092-263-5555 (10:00~18:00)
備考 未就学児童のご入場はお断りいたします。
他日時へ変更・払い戻し不可 出演者変更の場合も同じ。
営利目的の転売禁止 <詳しくはこちら>
関係者以外のロビーへのスタンド花等のお届けは、ご辞退申し上げます。
チケットはいかなる場合(紛失・盗難・破損・持ち忘れ等)も再発行いたしません。